よそよそしい肌色



watasi no sukina hito

おんなのこの独白

孵化する微熱

「手、つなぎたいな」

よそよそしい肌色

watashi no sukina hito 2

美男子に目がない

彼のうなじにキスした日から

膝小僧は必需品

やめないで、そばにいて、黙ったまま、囁いて

きみの炎はきれい

枕になってあなたの頭部を手にいれた夜

おしゃべりだったカノジョ

わたしが女の子だったころ

瑣末な話


⇒作品艫激rュー
⇒お気に入り登録

LINEで教える
http://mbbook.jp/gjdmtajaja/


賞金キャンペーン
作品を通報

モバスペBook