雨音が窓をつたう


雨音が窓をつたう



―――――◇―――――
一瞬の光も
永遠の闇も超えて、
この官能を貫けたなら
どんなに
満たされるだろう。
男としての使命も
女としての呪縛も超えて
ただただ
優しく君を愛せたら
どんなに心地好いだろう…
―――――◇―――――



1+1=10945

Jump
【前書き】
Continuance
『漆黒の闇、揺れるプラチナの月』

●プロローグ●

●本編●

●エピローグ●


⇒作品艫激rュー
⇒お気に入り登録

LINEで教える
http://mbbook.jp/sabbath7/


【掲示板】
作品を通報

モバスペBook