そして貴方に口づけを


そして貴方に口づけを

続き 登録 通知 解除 /67949hit




貴方に"生きて欲しい"ただそれだけ。




歴史を変えてはいけない。
そんなこと誰だって知ってる。

でも、この知識が貴方の役に
立つのなら、貴方の為に使いたい。


ーーーーー1864年幕末。
新撰組の活躍が目立つ中
あたしが出会ったのは貴方でした。



たとえ歴史の教科書にのっていなくても
必死に生きていた人がいる。




「だって、生きたいんだ。貴方のいる時代で。」




世ノ中ハ 夢カウツツカ ウツツトモ
夢トモ知ラズ アリテナケレバ





あたしは貴方を守るためにここにきた。


幕末×タイムスリップ


2014.1.17 完結
2014.1.21 誤字脱字修正完了
2014.1.21〜番外編更新開始





1 プロローグ

2 愛の挨拶

3 月の光

4 春の歌

5 子守唄

6 灰色の雲

7 春の声

8 小さな旅

9 突然の風

10 ため息


← * # →
⇒作品艫激rュー
⇒お気に入り登録

LINEで教える
http://mbbook.jp/pppppp0710/


作品を通報

モバスペBook