決して叶わない恋の物語
-------------------------------
★[桜田 春](1/1)
-------------------------------





ゆきに嫌われちゃったかな?



ゆきなんで笑わないんだろ.....



ゆき、笑うとね、幸せの神様がね、幸福を分けてくれるんだよ?


ゆき、あのね?
ゆき......




コンコン

「結菜?」

「はい、御嬢様。
御夕食の時間でごさいます。」

「早く入ってっっ」

「かしこまりました」

カラカラと、カートの車輪が走る音と、結菜の小走りが少し聞こえた

キィイイイ

「お待たせいたしました」

「わぁあっ おいしそうっ」

「今日は御嬢様がしょんぼりとしていたそうなので大好物ばかり作りました」


「本当っ?! 優斗も時には役に立つねっ」


優斗はあたしの護衛。といっても、あたしが頼んで、まるで一般人かの様にして貰ってる


「お気をつけてお召し上がり下さいませ それでは失礼します」

「結菜.....今日は一緒に食べてくれない?」

「御嬢様、寂しいのですか?」

「うん....」

「では、少々お待ち下さい。私の分の夕食を持ってきますので」

足速に結菜はドアに向かった


「あ、後、陽菜も連れてきて」


「かしこまりました」


キィイイイ
バタン







- 12 -
-------------------------------
前n[*][#]次n
-------------------------------
/20 頁
-------------------------------
⇒しおり
-------------------------------
-------------------------------
⇒作品?レビュー
⇒モバスペ?Book?
-------------------------------
[編集]
-------------------------------
[←戻る]