愛してます、愛してください。
※愛してます、愛してください。(1/10)




これは俺がまだ中学2年くらいのこと。



学年が1年から2年にあがり
小学生の面影も薄れ始めるころ。
思考も子供から大人を意識はじめる。

女子たちは可愛さを意識し始め
男子たちは女子の視線を気にし出す。


俺もまたその1人だった。

だが、俺はラッキーな事に
母親のモデル的容姿を
遺伝として受け継ぎ。
肌や髪は父親の薄い色素を
遺伝として受け継いだ。

そのおかげか、俺は女子から
意識される人物へとなったのだ。



でも俺は何も知らない
言わばウブな生き物だった。


そんな俺にも春が来た…。




1 前n[*]|[#]次n

/10 n


⇒作品レビュー
⇒モバスペBook


戻る