Lil'infinity

 溢れる気持ち 1/4 

━━━━━━━━━━━━━━━


みんなの家から近いお店でご飯を食べる。

西『ちいちゃんココ空いてるよ』


にっしーが千晃に声をかけて隣の椅子をポンポンたたく。
宇(なんでちいちゃん呼び。。)


伊『ちいちゃんって照れくさいよ(笑)
隣お邪魔しまーす』

西『ちいちゃん俺さぁ、ライブのアンコールTシャツのアレンジ悩んでて、何か良い案がないかな?ちいちゃん今日可愛かったからさぁ』

伊『ストーンつけてもらうか、ダメージ加工してもらって重ね着するか、男らしくシンプルイズベストか。にっしーなら何でも似合うよ!』


西『どしたぁ、ちいちゃん。嬉しい事言ってくれるねぇ』

そう言いながらにっしーの手が千晃の頭を撫でる。


伊『もう。子供じゃないんだから』

宇(ズキッ。。あんなふうに簡単に誰にでも触れるんだな。にっしーはそーゆー人なんだし、いちいち傷ついてられない。)



- 31 -
━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━

/294 n

━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━
⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト
━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━