Lil'infinity

 ライブ構成には波乱がつきもの?! 1/5 

━━━━━━━━━━━━━━━


伊『お待たせー。休憩ありがとうございました!』

與『あーーー。それスタバの期間限定のヤツじゃん!』

伊『そう♪秀ちゃんが奢ってくれたのー。』

日『下まで付き合わせといて、奢らせるって、どーゆー事だよ(笑)』



ス『よし、会議再開するぞ』

全員『はい』

浦『まずさっきの歌を聴いたから、出逢ったばかりのグループってのは決まりだな』

與『そうなったら宇野ちゃんとにっしーがイイ感じになってないとダメだよね?』

日『確かに』

ス『そこに誰かの片想いを絡ませたほうが面白いし、使える曲の幅も広がるだろ?』

宇『確かに』

こんなふうに設定が進む中、私は

(にっしーとイイ感じの芝居っていっても歌メインだし、大丈夫だよね。。ってか、なんか少し嬉しい自分がいる)

なんて、のんきに軽く考えてた。

西『とりあえず宇野ちゃんと俺はイイ感じの設定で、その宇野ちゃんに誰かが思いを寄せるのは?それか俺に千晃が思いを寄せるか』

浦『んー。それなら女の友情も絡めたいから、にっしーと宇野ちゃん。宇野ちゃんに思いを寄せる誰か。その誰かに思いを寄せる千晃。くらい繋げてもよくない?』

末『確かに、西島の提案だと3人しか絡ませられないし、7人いるから4人くらいメインの絡みがあってもいいな』

西『確かにそうだね。じゃあ女はあと千晃だけだから決定で、もう1人の男はどうする?』

浦『俺は違うな』

宇『なんでよ(笑)』

浦『フレッシュさが無いから(笑)』

全員『(笑)』


ス『じゃあ“しんちあ”でいこうよ(笑)』

西『なに“しんちあ”って』

ス『えー知らないの?いま若い子たちが女メンバーとそれぞれのメンバーをくっつけてコンビ名ついてんだよ(笑)』

浦『あー。なんか聞いたことあるかも!』

與『あるある。男メン同士でもあるよね?』

宇『へー。そんなのあるんだ!』

ス『宇野ちゃんは“たかうの”で人気だよ!』

宇『たかうのって、誰とくっついてるの?』

日『にっしーの隆弘だろ』

西『あぁ。俺か。なんかファンの子ってすごい事思いつくね!!』

そんな話が進む中、私の頭の中は“たかうの”がぐるぐるまわっていて、きっとどのメンバーも意識なんかしないファンの子達が決めただけの呼び名を、私は1人で意識しまくっていた。。。


與『ってゆーか、しんちあって俺じゃんか!俺そーゆーの恥ずかしいわぁ。ドラマならええけど、ライブって生じゃんか』

ス『いや、でもファンのニーズに応えるにはいい設定だと思うよ。まぁ両想いではない設定だけど、真司郎は宇野ちゃんにフラれて、千晃は真司郎にフラれる。けど、自分を想ってくれていることにそれぞれ感謝はする。結果的に宇野ちゃんと千晃の女同士の友情も絡める』

西『へー。いいじゃん』

日『うん、いいじゃん。』

與『もー。セリフ少なくしてーよ』

全員『(笑)』


末(たかうの…そりゃメインボーカルの2人だし、ビジュアルも目立つし、人気なのは仕方ないな。俺は良いとして、千晃大丈夫かな。スタッフさんも何も知らないとはいえ、フラれる設定って、。)

伊(秀ちゃんが心配してくれてるのが分かる(笑)フラれる設定ってハッキリ言われてキツかったけど、それ以上に真ちゃんとのコンビが人気あるって言われた事が嬉しかった)



- 26 -
━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━

/294 n

━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━
⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト
━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━