それでも生きていたい理由
[#03](1/12)

あれから約一か月が経ち季節は、春になった。

ってことで当然僕は中学生。




長い長い入学式を終え、ぞろぞろとクラスに向かう。


教室の黒板に書かれた自分の名前道理に席に着くと、嬉しいことに真ん中の列の一番後ろだった。


周りから目線を浴びながら一目散に座ると、見られている眼帯を隠すよううつ伏せになり目を閉じた。


何も聞きたくない。

早く帰りたい。




とはいかないもので、担任の合図で恒例の自己紹介が始まる。

名前の後に出身小学校と好きな事。
(趣味)でもいいらしい。


で、もう僕の番。



「では次の人!」



そう言われて立つにしても、
……立花」だけで座る。



「こら、ちゃんと名乗りなさい!」



遠い距離から言われても何もない。
僕はまたすぐさま顔を伏せた。



「あーもう!次の子お願い」



担任は何やら苛立っているようだった。
僕のせいだけどね。



僕は自分の名前があんまり好きじゃない。
照だよ?

……女みたいじゃん。

男なのに男って感じがしない。


だから嫌い。
口にするのも吐き気がする。

太一は"好き"だと言って聞き飽きるぐらい人の名前を読んできたけど、他の人から言われたら鳥肌がたつ。





- 39 -

前n[*][#]次n
/59 n

⇒しおり挿入


⇒作品?レビュー
⇒モバスペ?Book?

[編集]

[←戻る]