異世界で俺は無となった
[異世界へ](1/7)
街行く人々に俺は呆れていた。

毎日、同じ時間に起き、同じ電車に乗り、同じ仕事をする。

何も疑う事なく、ルーティンをこなす人々。

ルーティンと聞けば、聞こえはいいが、ただ単に思考する事を放棄した人間の言い訳に過ぎない。

日々、改善修正していく事こそ、大切にするべきであり、生き残る者は、変化し続ける者だと、どっかのヒゲの長い爺さんが 言っていた。

冒頭で散々偉そうな事を言ったが、俺もそのルーティンをこなす人々の一部。

今もまさに、ルーティンの通りに、この人間という名のロボットを乗せる、電車というラインに載っている。

俺はいつも通りスマホで音楽を聞いた。今では、スマホ一つで何でもできる時代だ。

俺はスマホの動画サイトで音楽を聞いている

そのため、、、、

そう、これだ。トンネルにいつもイライラしてしまう。

俺はこうして、いつも目を閉じて音楽が流れるのを待つ。


- 1 -

前n[*]|[#]次n
/7 n

⇒しおり挿入


⇒作品レビュー
⇒モバスペBook

[編集]

[←戻る]