「 てめっ、一口っつったろ 」



 


「あーつーいー」

「いちいち、うっせェな」

ぶぉーっ、と鈍い音で回る扇風機。とその前を独り占めする私。

「ねぇ、クーラー付けてよ」

「あ?じゃあ、お前修理費出せ」

私の隣でだるそうに胡座をかくこいつ。右手に団扇、左手には缶ジュース。

「ていうかさ、」

「なによ」

「お前んち行けば良かったじゃねェか」

クーラー付いてんだろ?
団扇をパタパタさせるこいつの太い首筋に伝う汗が1つ。

「私の部屋汚いから嫌」

「どんな理由だよ」

俺の部屋も汚ねェよ、とだるそうに団扇を動かすこいつ。

「あんたがクーラー壊すから悪いんだよ」

「だーから、俺は壊してねェよ」

てか扇風機独り占めすんなよ、と扇風機の首を回す。

「「…………………」」

‐ミーンミンミンミンミン…

「あぁー…」

アイス食おうぜ、と隣に寝そべるこいつは、

「俺起きれないから取ってきて」

と私をパシリに使う、お決まりのパターン。

「はいはい」

と私は部屋から出て、リビングにある冷凍庫を開けてアイスを取り出す。

一袋に二つアイスが入った物を選ぶところに、あいつはやっぱり優しいなと笑みがこぼれた私。

「おい、まだかよー」

部屋から叫ぶあいつの声。…………やっぱ、前言撤回。



 



 
 ←  bkm

⇒作品?レビュー
⇒モバスペ?Book?
[編集]
back