マジック・ワールド
[守護者と王](1/40)
あくる日、私はココと一緒に街へ出かけていた。

まだ、クラスメイトたちとの街巡りは叶わない。

いや、しばらくはお預けになってしまった。


『まさか、また補習を受けることになるとはな

『ほんと。補習のつらさは夏にたっぷり知ったはずなのに!』

(まあまあ。最近はやけに難しい内容をしてるから仕方ないよ。)

そう。今度は秋補習にクラスメイトたちは捕まってしまったのだ。

一部の人たちは免れたので、助っ人としてお手伝いしている。

もちろん、私もココもそのメンバーに入っている。


今日は担当ではなかったからこうして街に出かけたのだ。

「リランと街に行けるなんて私とっても嬉しいよ。でも、どうして急に誘ってくれたの?」

私はまんざらでもないという感じで、

「ココといた方が落ち着くから。」と答えた上で、

「競技場でのことを知ってるのはココだけだから。」

と言った。

歩きながら私たちは会話を続ける。

「シド君、あんなに怒ることあるんだね。」

相手に根があったからね。」

もしかして、シファさんのこと?」

「え、知ってるの?」

ココは嬉しそうに答える。

「私、大のドラゴン好きだから。」




- 155 -

前n[*][#]次n
/535 n

⇒しおり挿入


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[←戻る]