マジック・ワールド
[もうひとつの世界](1/10)
あの日、私は無事に学園に帰ることができた。だいたいの人が杖を持った私に対して驚き嫉妬した。

杖の性能が良すぎたからだ。

そもそも、杖の性能は契約した人の実力によって決まってしまう。つまり、私の実力がとてつもないという証明にもなってしまう。


今まで、劣等生だと思っていたやつが突然、同じかそれ以上の存在になることを誰もが反発したんだ。




だから、嫌がらせはヒートアップ




なんとかうまく(ミリアたちの協力のもと)かわしてはいるけどいつまで続くんだ、これ。


私は、昨晩のことを考えながらとりあえず教室に向かった。








- 27 -

前n[*][#]次n
/535 n

⇒しおり挿入


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[←戻る]