マジック・ワールド
[天空の祭典](1/9)
貴族の手を払ったことがウワサになり、再び嫌がらせが増加してしまった。まあ、そうなるよね。貴族になんか逆らえば、こうなることくらい承知の上で振ったんだから。


それから何日かしてのこと。授業も終わって自室で本を読んでたとき、机に置いてあった連絡用の水晶が光り出した。

「!」

私は急いでそれに手をかざした。

相手は私の数少ない友達だ。

「お、やっと繋がった!」「もう、どれだけ時間かかってるのよ!」

2人のもめ合いが聞こえてくる。この感じ久しぶり。

「よお、元気にしてたか、リラン?」「今日、学校から連絡用の水晶がやーっと配布されたからリランに連絡してみよってなったの!」

「ふふ。久しぶり、ハル、咲希。」

男の子は飛龍 春樹(ひりゅう はるき)。隣の女の子は潮田 咲希(しおた さき)。私の幼馴染で唯一の理解者でもある。
彼らは地元の高等魔法学校に通っている。私も中等魔法学校まで2人と一緒に通ってた。進路を決める際、学校側の猛烈な推薦と私の強い意思が一致したことで私は1人遠い国立の高等魔法学園に飛んだ。

地元からひどく遠い街に行くと言ったとき、2人とも「行ってこい!!」と言って背中を押してくれたっけ。

「まだ、設定の仕方がイマイチだから映りが悪かったらすまん。」

「大丈夫。きれいに映ってるから。」

「リランはいいなー。学園だもんなー。」

「なあ、学園はどうだ?うまくいってるか?」

「まあ、頑張ってはいるんだけどね。」

私があいまいな答え方をしたから、2人の表情が曇った。

「また、無茶してるのか?」

「そんなことないよ。」

「そう言って今、つらいんじゃないの?」

2人は私の心の状態をすぐにあてちゃうんだから。

うん。つらいよ。ごく限られた先生にしか頼れないから。」

「友達は?いないのか?」

「いないよ。魔法が使えないから嫌がらせしてくる人が多くて。でも、今はだいぶ落ち着いてるから。」

2人は顔を見合わせてから私に語りかけた。

「いつでも連絡しろよ。スタンバイしておくから。」「愚痴くらいなら聞くからね。あと、ダメならすぐに帰っておいでよ。」


2人の優しさを感じながら、水晶に向かって私は笑った。





- 14 -

前n[*][#]次n
/535 n

⇒しおり挿入


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[←戻る]