鬼恋繚乱 其ノ二
[十](1/7)
…………あれ?







ここどこだろう。








確か翡翠にすごい技を見せようとして……







「あ。」








屋根裏に飛んで見ようとしたら変なところまで飛んで来たんだっけ?







頭が痛い、落ちた時に打ったのかもしれない。






「っ。」







起き上がろうとしても体に力が入らない。







馬鹿なことをした、そう痛感せざるを得ない。











- 58 -

前n[*][#]次n
/670 n

⇒しおり挿入


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[←戻る]