わがままハニー

……………………………………
ゲレンデマジック(2/7)
……………………………………






「行こう!瞬!」

「ちょ、明日香、」




って事で嫌なのに着いてきたけれど、長いこと車に揺られてゲレンデに着いた瞬間、瞬は幼なじみの明日香ちゃんに腕を引かれて消えてった。




目の前には真っ白くて、滑れない私にはただの絶望でしかない山々がそびえ立っている。



どうしてくれようこの状況。


ダメだ。
自分の今の状況に笑いすら込み上げてくる。


あーあ、笑顔なんかに惑わされないで断ればよかったなあ。












「あれー?瞬は?」




明日香ちゃんと同じく瞬の幼なじみの優希くんが、ブーツをはきながら瞬を探している。


安心してください。
遭難じゃありません。
リフト乗ってますよ。






「瑞希ちゃーん、瞬居ないし一緒に上行く?」

「あー…はは、私滑れないから残るよ」

「え?まじ?」

「…うん。まじです」





すみません。
この板の付け方さえわからない状態です。





「もしかして初めて?」

「…うん。瞬が教えてくれるって言ってたんだけど…」

「は?まじで?つーか瞬どこ行ったの?」




ちらりとリフトに目をやると、何だかんだで明日香ちゃんと楽しそうに話してる瞬が見える。

優希くんにもそれが確認出来たのか、呆れたように軽くため息をついた。





「あー、なるほどね。あいつ本当空気読めないからごめんね」

「はは、まぁ、適当に時間潰すし気にしないで」


「え、俺教えるよ。行こ。まず付け方教える。」




何してるの、早く。

そう急かす様に私を見つめる優希くんは、ゲレンデのマジックとか関係なく普通に格好よくて正直戸惑った。





「でも、…悪いし」

「悪いのは瑞希を放置してる瞬でしょ。ほら、行くよ」



ぐい、と手を引かれて歩き出す。


然り気無く呼び捨てにされちゃったりして、なんかもう色々といっぱいいっぱいなんですけど!





「瞬じゃなくてごめんね。」

「え?」


「瞬が良かったでしょ?」




意地悪そうに笑う優希くんは、一体どこまで気づいてるんだか。





「優希くんて見た目のまんまドエスだよね。」

「えー?俺は瞬と違って優しいと思うんだけどなあ」


「…そういうところね。」





- 60 -
……………………………………
back[*][#]next
……………………………………
⇒shiori
/75 n
……………………………………
……………………………………
⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト
……………………………………
[edit]
……………………………………
[←戻る]