SEX × DRUG
第十五章 君ヲ想フ

ある昼下がり、健斗にミルクをあげてると、携帯が鳴った。



「お母さん、ちょっと変わって。」



私はお母さんに健斗を任せると、携帯を取った。



表示を見ると、



『まこちん』



゙えっ!?まこちん!?シャバにいるの!?″



「もしもし!?」



「おー。久しぶり。りんちゃん。」



「まこちんー!?どうしてたのよ!?心配してたんだよ!?」



「ゴメン、ゴメン。バタバタしてたからさ。」



「元気にしてたの!?」



敢えて逮捕のコトには触れない私。



だって、聞かれたくないだろうし。



「元気だよ。りんちゃん、結婚したんだって?」



「えっ…??何で知ってるの??」



「俺の情報網なめないでほしいなぁ。」



「だったねー。」



でも、誰に聞いたんだろう…。



気になる。



「今、県外なんだよね??」



「その情報古いよー。実は、離婚して実家にいます。」



「マジでー!?電話して良かったー!!」



あまりのまこちんの喜びように、私は、



「何でー??」



「俺とやり直さない??」



「はぁ!?そういう用件なら電話切るよ。」



「あー!待って!!うそうそ!ジョーダン!!……実は、健のコトなんだけど…。」



ドクン…。



健……。






←( * )( # )→
しおり

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト


BACKHOME