SEX × DRUG
第十一章 好きな人、愛してる人

今日は、健と漫画喫茶でまったりしていた。



マンガに夢中の私。



ふと、隣を見ると、健は眠っている。



何気に、テーブルに目をやると、健の携帯がチカチカしている。



見ちゃいけないのは、わかってる。



だけど、虫の知らせだったのだろう。




私は、恐る恐る、携帯を手に取っていた。




そーっと開く。




すると、そこには、゙メールアリ″。




゙開いたら、バレる。バレるんだけど…。″




私は、センターキーを押していた。





←( * )( # )→
しおり

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト


BACKHOME