大きな恋のうた
[再会](1/9)
携帯が鳴る。
目を覚まして時計を見ると昼過ぎ。
彼は携帯を開き、電話の相手を見ると、顔をしかめた。
K崎という男からの電話だった。
K崎は彼がバイトをしている会社の人間で、よくシフトの相談で電話をかけてきていた。
「もしもし〜、朗報や、今日、天六入らんくていいぞぉフ代わりに、茨木行ってくれ」

- 14 -

前n[*][#]次n
/32 n

⇒しおり挿入


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[←戻る]