引きこもり山下くんを引きずり出す方法。


START(1/2)





「ことちゃん、ケーキ食べない?」





そう言って母が急にご馳走を差し出した。



箱の中を覗くと、そこには私の大好物であるメロンショートケーキが入っている。

期間限定で大人気のそれは中々手に入らない代物だ。
この間なんて販売開始10分で売り切れたらしい。


レア度☆5と言っても過言ではない。

そんなケーキが何故ここにあるのか。




−−−− 怪しい、怪しすぎる。何かあるなこれは。




私は母をみた。


いつものようにニコニコと笑顔を浮かべ、
「さぁ、どうぞ。」と言わんばかりにメロンショートを見せつけてくる。

ふわふわホイップの上に飾られた、丸い小さなメロンの果肉たちが
キラキラと己を主張して光り輝いている。




−−−− ゴクリッ



前傾姿勢を保ちながら涎を垂らしそうだ。




私は思った。




・・・これは何があっても食うしかない!と。




「いただきます。」




もはや裏があっても構わない。


後の地獄より今の幸福を大事にするわ。



ショートケーキをそっと取り出し、お皿にのせる。

ケーキの周りを囲む透明のそれを外して、さぁ準備は万端!!


根こそぎえぐるようにフォークを突き刺し食べた。





−−−− パクッ





「ことちゃん。お願いがあるの。」


「・・・・・・」




・・・待ってくださいお母さん。
話切り出すの早すぎじゃないですか?

せめて、せめて美味しいぐらい言わせて・・・!

1口食べただけで速攻地獄チラつかせるのやめて!



なんとも言えない悲しい顔を晒していたら、

母は、



「食べたもんね?言うこと聞いてくれるよね?」



と笑顔で脅した。



・・・・・・嫌な予感がものすごくする。

きっとメロンショートケーキじゃ割に合わないお願いだろう。


だが仕方ない。

地獄でもいいと手を出したのは私自身だ。



だから抵抗などしない。

大人しく頷きながらメロンの果肉を口に含んだ。


とても甘美な香りが鼻をぬける。




−−−− あぁ、おいしい。





幸せそうにケーキを頬張る娘を優しい目で見つめながら、

母は話を切り出したのだった。




- 1 -
back next

bookmark

/222 n


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト


top