源氏物語
[花散里](13/13)





「良清…!」


俺もそう言うと、良清の手を握り返した。


「えーんーがーちょっ!!」


どすっ


不意にものすごい勢いで孝道が俺たちの手をチョップした。


いっ痛い…


「何すんだ孝道!!」


「うるさーい!お前らが二人だけで仲良くするから悪いんだろー!!」


「元はと言えばお前のせいだし?」


「はあっ!?全部俺のせいかよ!」


ぐにーと良清の頬をつまむ孝道。


良清も負けじと孝道の頬をつまんだ。


まったくこいつらは…


俺ははあ、とため息をついた。


こいつらのせいで俺の幸せは逃げてくわ。


俺にそういう縁が来んのはこいつらのせいやな。


「んにゃろー!」


「なんだこのへっぽこ!」


以前として睨み合うバカ二人。


もうほっとこか。


俺はそう思うと、適当な場所に座り込んで二人を眺めることにした。


暑う…


俺は烏帽子を頭から取ると、それで自分の顔を扇ぐ。


──そんな感じで、俺たちの一日は終わっていったのであった。





- 277 -
前n[*][#]次n
⇒しおり挿入


/324 n



⇒作品?レビュー
⇒モバスペ?Book?

[編集]

[もどる]