源氏物語
[賢木](1/35)





──次の年の冬。


毎度、俺たち三人は雑舎に集まって秘密の会合を開いていた。


「…さすがの若君も今回は傷心やぞ」


「そうは言ってもなあ…俺たちにはなーんも、本当になーんもできねえよ。いっそのこと俺が女になって若君を慰めようか?」


「良清の女装なんて、猪に十二単着せたようなもんだろうが」


「あっ言ったな、孝道!いいか、この間は池に投げ飛ばされたけど、今度は俺が投げ飛ばしてやるからな」


「やってみろよ。できるもんならな。まっ、今度は池じゃなくて海に沈めてやるけど」


「お前らうっさいねん。良清!」


「あい」


「一年も前のことを持ち出してがーがー喚くな。お前はそれでも男か。孝道の代わりに俺がお前を猪に食わすで」


「すんません…」


「それから孝道」


「へい」


「お前に海までこいつを投げ飛ばす力なんあるんかいな。あ?ないやろ。あるわけないやろ。こっから海までどんだけある思うてんねん。せいぜい宇治川で我慢しときっちゅうの」


「了解です…」





- 230 -
前n[*][#]次n
⇒しおり挿入


/324 n



⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[もどる]