源氏物語
[若紫](1/25)




──年が明けたある日。


若君はおこり病という、熱が出ては治って、熱が出ては治って、という何日かの間隔で起こる病にかかった。


「ごれみづ〜…」


「はいはい」


床に臥せって苦しそうに俺を呼ぶ若君。


俺はとりあえず若君に近寄った。


「俺はこのまんま死んでまうんやろなあ…惟光…お前の元で死ねるなんて夢みたいや…」


「そんなもんじゃ人間死にまへん」


熱で顔を赤くする若君に俺はぴしり、と言った。


「乳兄弟っちゅうのに…なんでそないに冷たいねん。もっと主人の体を労れ」


「そんだけようおしゃべりできるんでしたら、何も心配することはありまへんがな」


「なんちゅう乳兄弟や。あーあ…今頃六条の御息所(みやすどころ)や空蝉はどないしてんのやろ…」


俺は小さくため息をつく。


結局は女かい。


ほんま、若君が死ぬときは世の中の女がみいーんなおらんくなる時やわ。


たとえ火で焼かれようが、氷山の上に真っ裸でいようが、若者は死なへん。





- 56 -
前n[*][#]次n
⇒しおり挿入


/324 n



⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[もどる]