モブ側ラブストーリー
[アリよりのナシ](1/16)


ゴールデンウィーク5日目。


寝れないまま朝を迎えて、緊急事態と称してマリコを呼び出した。


「クマやばい、すごいブスだよ」


久々に会った友人に掛ける一言目が、これって。
スッピンだししょうがないよ。


「マリコォ!昨日も寝れてないんだってぇぇ!本当にやばいの、本当にやばいの」

「うるさ、どこ行くの?」

「とりあえず大量にポテチとかチョコとかおつまみ買ってカラオケ行こう」

「あたしそんな肌荒れしそうな食べ物食べたくない」


うるせえ。今はそんな肌荒れなんてどうでもいいんだよ。思春期なんだからニキビのひとつやふたつ作っとけよ。

大体マリコは肌綺麗すぎ。体育の授業のとき、隣のクラスの女子に陰で「透明感エグイ」「溶けそう」とか言われてるんだぞ。悔しくないのか?


「…それ悪口じゃないし逆にもっと意識上がったわ。ということでその40%増量コンソメダブルパンチはあんた一人で食べてね」

「え、割り勘なのに全部私だけで食べていいの?!アザス!」

「いつ誰が割ろうって提案した?」


じゃあこれも割り勘、と言ってハーゲンダッツをカゴに入れるマリコ。おいそれはちょっとずるいだろ。


- 113 -

前n[*][#]次n
/203 n

⇒しおり挿入


⇒作品レビュー
⇒モバスペBook

[編集]

[←戻る]