モブ側ラブストーリー
[無きにしも非ず感](1/12)


「おはようございます」


「おはようございます!」


体調も随分と良くなったので、2日連続休むわけにもいかないと思ったし、今日のバイトは出勤した。
返ってきたのはマルちゃんの高い声。

店に入るや否や、私に駆け寄ってくるマルちゃん。犬みたい、可愛い。


「どうしたの?」

「あの!昨日

あ、昨日ごめん!代わりに入ってくれたんだよね?忙しくなかった?」

「いやそれは全然大丈夫でしたけど……

「けど?」

マルちゃんは言いづらそうに、というか言いたくなさそうに、その大きな目で私を見た。
チワワのような、クリッとした大きな丸い目。


「お見舞い来てくれました?里山さん」


思いがけない質問に、固まってしまった。
お見舞いというのか、あれは。まだその辺の疑問は解決できてないから。


「里山さんに、宮下さんの家がどの辺なのかめっちゃ聞かれたんですよ」

「え」

「もしかして里山さんって、宮下さんみたいな人がタイプなのかな

「いや、ええ?」


本当に分からない。意味分からない。
昨日、里山が私のマンションの近くに居たのは、意図的だったのか?


- 101 -

前n[*][#]次n
/203 n

⇒しおり挿入


⇒作品レビュー
⇒モバスペBook

[編集]

[←戻る]