モブ側ラブストーリー
[『じゃない方』じゃない方](9/9)


「マリコォオオオオ!!!助けてえええ」


帰宅してすぐ、マリコに電話を掛けた。


『………うっるさいなあ、何』


どうせ朝日のことだろう、と言う彼女に、電話越しで見えるはずないが横に首を振る。

「違う、いや、朝日のこともあるけど。なんか里山がぁ…」


昨日の出来事から、今日の里山の一言も。
全てマリコに話すと、マリコは少し黙ってから、また口を開いた。


『里山、まるであんたのこと好きみたい』

「…………はぁ?」

『話を聞いてるとそんな感じ』

「いや、ええー?でも里山私のことブスしか言わないし」

『ブスの瞳に恋することだってあるよ』

「おい私がブスってこと肯定すんな」


里山が私を好きぃ?んなこと有り得なくないか?だって好かれる心当たりも、好かれてる心当たりも無さ過ぎて怖い。
好きな子ほどいじめたくなる的なヤツだとしたら度が過ぎてるし。

『とりあえず、私明日朝早いから寝るわ。また学校で話聞かせて』

「え、もう切るの?」

ブチッ

「……」

ゴールデンウィークということで、マリコは明日から彼氏と二泊三日の温泉旅行に行くらしい。「二泊とかいやらしいー!」「温泉とかいやらしいー!」と何度叫んだことか。


- 86 -

前n[*][#]次n
/261 n

⇒しおり挿入


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[←戻る]