モブ側ラブストーリー
[できれば好かれ隊](1/14)


「おはようございます」

今日は開店時間の11時に出勤。

恐る恐る更衣室の扉を開くと、すでにオープン準備を済ませてコーヒーを飲んでいる店長だけがそこにいた。


「…あれ、里山…さん、今日も休みですか?」

「ああ、里山くんも森ちゃんも今日は研修で本社に行ってるの、…なに?会いたかったの?」


んなわけねえだろ。
ニヤニヤとこっちを見てそう言った店長。いや、んなわけねえだろ。あいつにいじめられてるんだぞ私。


「…はは、そんなわけ」

「里山くん結構、宮ちゃんのこと気に入ってるのよ」


…えっ!?


「ええっ!?」


「そんな目ん玉大っきくして、ふふ、里山くん良い子だし、仲良くするのも良いんじゃない?」


ふふふ、と1人笑いながら片手にコーヒーを持って更衣室を出て行く店長。
私は固まって着替えることを忘れていた。

嘘だろ。

気に入ってるとは?嘘だろ?
里山くん良い子?嘘だろ?


気に入られている心当たりなさ過ぎるんですが。里山が良い子とか思い当たる節なさ過ぎるんですが。

「ブス」「ガキ」「ジロジロ見んな」「ブス」「話しかけんな」「抱いてやんねえ」「ブス」


……絶対気に入ってないじゃん。どう考えても気に入らない人に対する態度だよ。良い子が使う言葉じゃないよ。


- 49 -

前n[*][#]次n
/203 n

⇒しおり挿入


⇒作品レビュー
⇒モバスペBook

[編集]

[←戻る]