六道界の旅人
[連鎖の裁断者](1/9)
●あらすじ

 人間とテルムイ族の和解のためテルムイの理解を深める活動をするエリュ。
 霊名術に取って代わる技術を探すためにエヴルート王国へ、テルムイの理解を深める講演を行うためルントゥー国へ、何やかんやでカラティア帝国に旅をする。
 彼女の旅路を阻む者は国々の影で暗躍する秘密結社〈神の杖〉だった。
 〈神の杖〉の暗躍で戦争へ近づくラヴェ・エスタ国。エリュの決断の時が迫る――。



- 28 -

前n[*][#]次n
/65 n

⇒しおり挿入


⇒作品レビュー
⇒モバスペBook

[編集]

[←戻る]