あたしだって…
◎[太陽](1/7)


「おーいっォ美麗ちゃんォ?」

へっ?

「あっォあああああごっごめんねォ
ボーとしてた…ぁは^^*」

「だよな^^可愛いっ^^*」

ほら…
そうやってえくぼだして笑わないでよ…

「ぁはは^^!
あっあたし帰ろうかなっォ!」

「えっ?まぢ?
じゃあ送るよ!」

いやいや、頼んでねーし。

「いや、そんな悪いよォ」

ってか、おまえとなんか帰りたくねぇよ。

「じゃあ、オレかばんとってくる!」

って、おいおい。
勝手に話進めてんじゃねーよ。

「はい、かばん^^*」

「あ…ありがとう^^煤v

「美麗ちゃんどっち方面?」

「あ…西区…」

「へーぇ西区かぁ♪
オレ友達いるよ♪」

あんたが友達でもあたしは友達じゃないわよ。
一緒にしないでボケカス。

電車に乗った瞬間、

「ねっ!美麗ちゃん。オレら会ったの初めてじゃねーよな!?」

はぁ?
いきなりなにこいつ。
あたしとあんたが運命とでも言いたいわけ?
きっしょ。

「えっ…あー…ごめん言ってる意味が^^;」

「そりゃそうかー…
最後に会ったのが3年前だもんな〜。」

はいはい。頭おつかれ〜

「ぁはは^^;
じゃあ、あたしここだからI!
送ってくれてありがとう
ばいばいっ」

と言って小走りで改札を通った。


- 20 -

前n[*][#]次n
/26 n

⇒しおり挿入


⇒作品レビュー
⇒モバスペBook

[編集]

[←戻る]