纏われの薬指
[〈 14 〉: 白い彼](18/18)


「ごめん、暑かったよね?」


「いえ!余裕です!!」



この車に乗るのは、2回目だ。


初めて乗った時よりも、車内を見渡せるほどの心の余裕があった。


シンプルで、綺麗な車内。


ゴミ箱なのにゴミは1つも入っていないし、ホコリは見えない。



「今から遠くに行くよ」


「え!?」


「夜、時間大丈夫?」


「だ大丈夫です」



ほんとに?と片眉を上げた奥宮さんは、ナビも使わずにアクセルを踏んだ。


- 257 -

前n[*][#]次n
/724 n

⇒しおり挿入


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[←戻る]