まだ、キミを愛してる。
[T](2/8)








「宇野ちゃーん!こっちこっち!」



「ごめん!お待たせ。もうみんな来てる?」



「うん。ふふ、珍しいね宇野ちゃんが最後なの」



「昨日なかなか寝付けなくて、、」



「そっかあ。逢いに行くのは久しぶり?」



いや。実は今日がはじめて」



「うそ!?あーじゃあだっちゃん怒ってるかもね」



「やっぱり?」



「うん!謝りなね?」



「うん」







宇野 実彩子(28
高校時代の友人たちと大好きな人に逢いに行く。

10年前に別れてから一度も来ていなかったから
彼もきっと怒ってるだろうなあ。



「あ、宇野ちゃん!久しぶり〜!」


「実彩子ちゃんやん!久しぶり!」


「おかえり宇野ちゃん」


「宇野ちゃん元気してた??」



大好きな彼がいるこの街には高校時代から変わらない友人達がいて
あの頃と変わらない笑顔で受け入れてくれる。


その笑顔に安心して緊張していた体がフッと軽くなるのが分かった。


- 2 -

前n[*][#]次n
/18 n

⇒しおり挿入


[編集]

[←戻る]