七色物語
○[緑×藍](1/30)
ユーリアとウルフの章
 
◇ユーリアside◇

「まあ……!大変!」

男の子が、倒れているわ!
迅速に手当てを
しなければ……。


彼の手元に
転がっている剣……。
これは、勇者の剣…!

ってことは、この方も
光の勇者なのね!
なおさらお助けしなくては!


……でも、
どうすれば…。

この森にあるのは
見たこともない草
ばかりだし……。
バッグには
包帯しか入ってない……。


「そこにいるのは、
光の勇者様では
ありませんか」

突然、心に広がるような
美しい調べが聞こえ、
わたしはまわりを
見回した。


ぼうっと白く輝く
美しい馬……。
ユニコーンだ…!

「傷ついたお方を
癒すのであれば、
泉の水が力を貸して
くれることでしょう」

「本当?!」

ユニコーンは
にっこり微笑み、
去ってしまった。

なるほど……。
確かに“神秘”だわ。



泉の水……。

わたしはバッグから
水筒を出して、
中身を全部捨てて
泉の水を汲んだ。

それを彼の体の
傷がひどいところに
少しずつかけた。

太ももに刺さった矢も
丁寧に引き抜いて
差し上げなくてはね。


「う……っ!」

「あ」

目を……覚ました!




- 214 -

前n[*][#]次n
/249 n

⇒しおり挿入


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

write