こぴぺ。

★首(1/3)



935 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・


投稿日:02/12/09 02:03



中世のヨーロッパに、とある医者がいました。



彼は人体の仕組みを調べようとして、法律スレスレの事までやっていたそうです。



しかしある時、好奇心に負けてとうとう法に触れることまでやってしまいました。



それは政府のしるところとなり、彼はギロチン刑を宣告されました。



そして執行日。



彼は友人にこんな話をしました。



「人間は首を切られたら死ぬ。
だが、すぐ死ぬわけじゃない。
ギロチンで落とされた首が生きていたとか、口をきいたという噂もある。
そこでだ、私の首が切られたら、それをよく見ていてほしい。
もし首を切られても意識があれば、私は3回ウィンクをするから」



そしてギロチン刑は執行されました。



さて、首だけになった彼には意識があったのでしょうか。



彼の最期を見届けた友人によると、「1回だけウィンクをした」ということですが・・・





pv:3278

- 71 -

bookmark
/880 Page



⇒作品?レビュー
⇒モバスペ?Book?

make

back