帰ろっか。


.わたしはなにを (1/1)





期待に束縛された君は


翼を縫い付けられたお姫様


これで飛べるだろって

そう呟いてせっせと裁縫箱をしまう王子様



翼はすでに真っ赤に染まって重みが伝わっている


赤黒い翼を彼女に縛りつける
真っ白い糸は別々に
彼女に痛みを縫い付けた


どうかお助けを
黒い竜

早くこの城ごとわたしを焼き払って


さあ早く

あなたの赤黒い業火で私を解放してちょうだい


別にわたしはもう外なんか望んでないのよ


ほら
もう喉だって潰れた

ほら
壁を引っ掻いた爪はこのとおり


ほら
さんざんドアを蹴ったこの足だって



ここでの生活はそれはもう快適でしたとも


でもね、なぜかしら

とっても息が苦しいの
胸が痛いの


どこか遠いところに
もうひとりのわたしがいるの
迎えにいかなきゃ



あぁ、やっときてくれたのね


もうどのくらい待ったのかしら


もうどのくらい待ったのかしら。


- 9 -
前n[*][#]次n
⇒しおり挿入
/30 n


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト


[←戻る]