帰ろっか。


.記憶の街 (1/1)






庭の花壇がさびしくなってどのくらい経ったのだろう


いつから庭を見なくなっただろう


庭はほこりをかぶったジャングルと化した

それに気付かない僕は机に向かう





理由は特にないが花の種を買って来た


雑草を抜くと そこは置いて行かれた記憶の街があった


乾いた地面を掘ってみる

大きな石が邪魔をする

僕はいらだち その石を投げ捨てた


次から次へと石が顔を出す


僕はただ石を投げ捨てる


ここは記憶の街

忘れられ雨に打たれ


やがて固くなり沈んでいった




昨日の僕の死体を





僕は投げ捨てていた

スコップを持った僕は固い土を堀り続ける








そのうちこの愚かな人間もただの石に変わり果てるのだろう。


- 4 -
前n[*][#]次n
⇒しおり挿入
/30 n


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト


[←戻る]