ごめんね。 またいつか... 会おうね...
♥[最初に](1/1)
皆さんこんにちは

このはなしは実話なので


名前は変えさせてもらいます

彼女の仮名あかり

彼氏の名前はかおる

にさせていただきます。

ではでは本題へ

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

あかり「かおる...」

かおる「ん?」

あかり「うち、妊娠した」

かおる「え?!」

これはね

最近のこと

あたしは妊娠したことが嬉しかった

産みたかった...

でも現実は甘くなかったの

お母さんと話し合って

あたしのお姉ちゃんの話になるんだけも


お母さんは18でお姉ちゃんを生んだんだって

周りからは祝福されないで

喜ばれないで産まれてきたの

お姉ちゃんはそんな環境が嫌で

「自分なんて生まれてこなきゃ良かった」

て、ずっといってたんだって

ずっと悔やんでたんだって

あたしはその逆で

周りからは祝福され

可愛がられて愛されてきた

こんなあたしをお姉ちゃんは嫌ってた

だけどあたしのことは見捨てないでいてくれた


あたしのお腹にいるこの子に

そんなおもいわさせたくない

って思ったの

だから、あたしは「中絶」とゆう道を選んだの

たまに妊娠したら中絶すればいい話

て、かんたんにゆうひといるけど

中絶はそんな簡単なことじゃない

お腹にいるこを殺すことになるし

一生子供を産めない体になる可能性だってあるの

それだけ危険なことなの

だからまずあたしが言いたいことは

学生で妊娠して

産める環境じゃなくても

望んでる妊娠じゃなくても

中絶とゆうことを簡単に捉えないで欲しいの。

- 1 -

前n[*]|[#]次n
/3 n

⇒しおり挿入


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[←戻る]