美少女サマの悲しい欠点

→プロローグ 1/1
────────────────





「あ、ほら見て、麗さまが歩いてる」




ええ、そりゃあ歩きますよ人間だもの。




「今日も可愛いー…あんなに可愛かったら人生バラ色なんだろうなー…」




いやいや人生なめすぎ。




「俺、声掛けて来るわ!一生に一度は喋っときてえ!」




私何者




「やめとけ。おまえなんかが話掛けていい相手じゃねえよ。」



えええ…?




「てかてか、麗さまって本当に完璧だよねえ。
麗さまに欠点とか見当たらないもん!」







あります。
最大にして最強の欠点が。







――…廊下を歩けばそこにいる全員から羨望の眼差しをいっしんに浴び、
話掛けることもおこがましいと敬われるこの女子生徒。







容姿端麗、成績優秀、運動神経抜群、
そんな彼女の欠点とは…?








- 1 -
────────────────



⇒しおりをはさむ

/280 n



⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト