蒼と狼の物語
[源二郎と晋作](1/7)
―――――――
「おい、晋作、晋作!」

「…馴れ馴れしいんだけど、黙ってくれない?」

「おーい、晋作〜」

「…煩いよ?」

優しげに言ってるが、顔は無表情で茶をすすっている美形の男が一人。

方やそんな彼の言葉を無視し、晋作を呼び続けている。

そしてこの晋作を呼んでいる男こそ、新撰組副長土方歳三を名乗った偽者であり、桜源二郎…その人であった。



- 412 -

前n[*][#]次n
/1175 n

⇒しおり挿入


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[←戻る]