Messiah

休日(1/35)









たった数日で怒涛の変化を迎えたある日の休日。



学校も牙龍も、Messiahからも離れてることができ。
やっと心から安らげる、とユキを膝の上で撫でている時だった。




時刻は11時29分。

もう少しでお昼だなーなんて呑気に考えていたのに。



「楓ー?お出かけしよう?」



コンコンっとノックの音と共に受け入れ難い言葉が耳に入った。



うん?本気で言ってるの?


思わず固まってしまった私は返事をすることすらできなくて。



「楓ー?入るよ?」



そんな私を変に思ったらしい椿は、ゆっくりとドアを開き、私の姿を見つけると春に花が咲くように笑った。




「なんだいるじゃない。ユキちゃんも」


「ごめん。ぼーっとしてた」


「ふふ。楓らしいね!
久しぶりに二人でお出かけしよう?」















p.138




/184 n


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト