また、君と【番外編開始】

八章 朝は大忙しだ! ( 15 / 15 ) 



 

「それじゃ、俺は行くからな。
お前のせいで時間を無駄にしたぜ!」


そう言いながら土方さんは荒々しく
襖を閉めた。


………………………。

素直にって言われましても…。


ハッ!

まずは、僕も道場に行って薫ちゃ
んを手伝わないと!



僕は急いで道場に向かった。



――――――――――――――
――――――――――――








- 66 -

×しおり×
/321 n


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト
BACK