また、君と【番外編開始】

ニ章 ここは何処ですか? ( 1 / 8 ) 



 

「まぁ、異人かしら―…。」

「だめよ、目を合わせちゃっ!」

ヒソヒソと話ながら
私を通り過ぎる
人々―…。


『だ―――――!
五月蝿い、誰に向かって
異人てほざいてんだよ!』


ガバッと起き上がると
人々はそそくさ
通りすぎていった。


『何なんだよ、一体―…て
あれ? 』


私、車に引かれたんじゃ…

どこも怪我してないし…。

確かに自分が死んでいく
感覚だったのに…。


『あ…ぁ…』


思い出しただけでも
震えがとまらない。


恐かった…
恐かった……。


もう…あんな気持ちには
味わいたくない…。



「キャァァァァッ!」


ビクッ

『叫び…声……?』


たしかに、女性の
叫び声が聞こえた。


私は立ち上がり、
叫びがした方へと
足を向かせたが……

止めた。



私の顔は冷や汗が
出てくる。

だって、今気付いたんだもん。


周りの人は皆、
着物・袴の人しかいない。


私は制服……。
浮いてるなぁ…。


『――て、そんな事は
どうでもいいんだった!』


私は叫び声が聞こえた
方へと走っていった。






- 5 -

×しおり×
/321 n


⇒作品レビュー
⇒モバスペBook
BACK