私に冷たい間宮くんはどうやら私を好きらしい。
[う](1/8)




***





宇野「槇田先輩」


「っ、」


宇野「あ!待って逃げないでください!」







夏休みも終わり、後期授業のスタート。














宇野「もう!さすがに先輩でも怒りますよ」


……うるさいな。近寄らないで」



私は、彼を思い切り避けていた。


- 348 -

前n[*][#]次n
/394 n

⇒しおり挿入


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[←戻る]