私に冷たい間宮くんはどうやら私を好きらしい。
[ん](1/24)




***



大学3年生、初夏。








宇野「あ、槇田先輩!」


……ほんとよく会うよね、宇野くん」


宇野「いやあの、いつもですけどそんな冷たい目で俺を見ないでくださいよ」








彼氏なんていらない、と

宣言し続けていた私に、ついに転機が訪れる。








宇野「んー、匂いがするんです。だから俺、槇田先輩がどこにいても見つけられそうな気がしますね」


「え、気持ち悪っ。」







宇野 千影 (うの ちかげ)


2つ年下の彼に、なぜか懐かれました。


- 281 -

前n[*][#]次n
/394 n

⇒しおり挿入


⇒作品レビュー
⇒モバスペBook

[編集]

[←戻る]