私に冷たい間宮くんはどうやら私を好きらしい。
[く](1/13)




***




4月、大学生。





私の大学には高校の同級生はほとんどいない。

それも一つ、救いだった。





間宮くん”というワードを聞く機会が必然的に減ったから。

日が経つにつれて忘れられそうな気がした








だけど、




どうしても、彼の面影を探してしまう私は

進むと決めたのにちっとも前に進めていない気がして、情けない。








打ち込めるものをと思い、大学でもバレー部に入部した。

環境が変わったこともあり、一つ一つが刺激的で毎日が楽しかった、けれど……


- 268 -

前n[*][#]次n
/375 n

⇒しおり挿入


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[←戻る]