ゆーらり
[4](1/30)
その日の帰り、彼女が

「あーあ。これで辞めれると思ったのにな



と言った。



初めて彼女の口から"辞めたい"との意思を聞いた。

そんな素振りは一度も見せなかったし、むしろ仕事が好きなのばかり思っていた。
だが、本当は何もかも違った。


部署の年配の方にかなりのいじめにあっていたそうだった。
一番最初は、男性と話していたら「仕事してない」と言われたりと些細なことだったらしい。

そういえば、彼女が少しだけ「お局みたいな人に色々言われるー!」といい、カラオケに行ったことがあった。



それ以外彼女はなにも言わなかった。
ずっと。


しかも聞いたらすごい内容だった。
年の近い人たちとは仲良くしていたが、 ご年配の方たちは男性と話すのをよく思わない人が多く、そのことで横を通れば嫌味を言われ、お茶をつげば、最近の若者はねぇと内緒話をされ、持ち物を隠されたこともあったとか。


それでも、彼女は暇人がなんかしてると気にしないようにしていたそう。



「ねぇ、なんで一言も言ってくれなかったの?」



なべにいって、何かしてくれたの?
何かしてくれるならいいよ、でもただ聞くだけしかできないじゃん!そんなの自分がいじめられてることをただ伝えるだけじゃん!!」



「だとしても、言ったら何かかわるかもしれないじゃん」



「変わらないよ。じゃあなべは、その立場が危うくなっても私を助ける勇気はあるの?」







- 118 -

前n[*][#]次n
/147 n

⇒しおり挿入


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ookト

[編集]

[←戻る]