恋愛小説短編集

Unexpected(1/6)
思わぬ形で実ることもあるらしい。

なんとなくいい雰囲気なんだと思ってた。下の名前で呼び合ってるし、二人で遊びに行ったこともあるし、笑った顔もよく見せてくれてたから。

でも、俺の勘違いだったらしい。好きな人がいるなんて知らなかった。みんなが軽い下ネタで盛り上がってる中、俺だけは上の空だった。


「先輩また宅飲みやりましょーね」
「お邪魔しましたー」
「また大学でなー」

AM8:00

酔い潰れてしまった奴も普通に眠ってしまった奴も、朝になって次々に帰っていった。

昨日の夕方から始まった、同じサークルの男女6人での俺の家での飲み会。いつも通り他愛のない話で盛り上がって、飲んで、楽しく過ごしていたと思う。

−−ただ一人、俺を除いて。

「はー……」

ため息をつきながら、みんなに掛けていたタオルケットを拾っていく。

"啓太先輩、こいつ好きな人いるらしいっすよ"

隣で話していた後輩の凛と恋愛話の流れになってすぐに、近くに来た別の後輩にそんなことを言われた。俺は、頭を殴られたかのような衝撃を受けた。

凛は恥ずかしそうにその後輩に「もう、やめてよ」と言っていたから、俺には知られたくなかったんだろう。だから詳しくは突っ込まなかった。というか聞きたくなかったから、話題を変えてしまった。

もう随分前から好きなくせに、勇気を出して告白しなかった自分が悪い。

でも、俺の中の彼女を好きな気持ちはそう簡単に消せそうにない。


とは言えこれからどうしようかと考えていると、ふとインターフォンが鳴った。

(……え、凛?)

画面には、先程帰っていったはずの凛の姿が映っていた。

「凛?」
「……あ、啓太先輩、すみません。あの、わたし、スマホを置いてきちゃったみたいで……」

言われて、俺はドアを開けて彼女を中に招いた。

「見てないけど、ないの?」
「はい、バッグの中に入ってなくて……でも先輩の家で触ってたから、どこかに落ちてると思うんですけど……」

凛にまた会えて嬉しいのと、まだショックな気持ちが入り混じっていて、俺は複雑な心境だった。

ただ、今は彼女が困っている。辺りを見回して一緒にスマホを探すことにした。

「最後に使ったのいつ?」
「えっと……あ、菜々ちゃんと写真を見せ合ったのは覚えてます。たしかあの時ソファに座ってて……」

肩に掛けていたバッグを下ろした凛は、そう言うと屈んでソファを調べ始めた。

「……………」

スカートが短いことを忘れているのか……下着、というか、パンツが見えていて、俺は思わず手を止めてそれを凝視してしまった。

(……いや、見ちゃダメだろこれ)

ぱっと顔を逸らして違う場所に目を向けたけれど、凛はまだ体を起こそうとはしない。

「ん、ないなぁ……ソファの下かな……」

それどころから、更に体勢を低くして四つん這いになって、お尻を突き出すような状態でソファの下を覗いている。

「ん〜……」

懸命に探している凛に対して、俺は何を思ったのか、彼女の後ろに膝を付いた。



- 9 -
back[*][#]next
⇒しおり挿入
/14 n


⇒作品?レビュー
⇒モバスペ?Book?

[編集]

[←戻る]