読みきり短編官能小説


1年ぶりのセックス(1/3)


花子が、うるんだ瞳で俺のことを見つめていた。

俺は花子の頬に手を添えると、そっと頬を撫でた。


「太郎・・・」

「花子・・・すげーキレイだ」

「う・・・んんっ」


俺は花子に覆いかぶさると、花子の唇を奪うようにキスをした。

1年ぶりに花子と交わすキスはとても温かくて甘くて・・・とろけそうだった。

俺は、夢中になって何度も何度も花子にキスをすると、花子の口が空気を求めて少し開いた。
俺はそこから自分の舌を入れると、花子の舌を絡め取るように深く激しくキスをした。


「はぁん・・・」

「花子・・・」


顔を離すとふたりの間を銀色の糸が結んでいた。俺はそれを指で絡め取ると、花子の口元へ持っていった。

すると、花子は俺の指を咥えると、舐め始めた。

ただそれだけのことなのに、俺のモノは熱くなっており、すでにズボンの中で窮屈そうにしていた。


「花子・・・俺の服、脱がせろよ」


花子は俺の服を1枚1枚丁寧に脱がしていく。

そして、ズボンを脱がせながら、下着の上からでもわかるくらい大きくなっている俺のモノを見て、恥ずかしそうに真っ赤な顔を横に向けた。


「目、そらすな」


俺は下着を自分で脱ぎ捨てると、勢いよく俺のモノが飛び出してきた。

そして、ソレを花子の目の前に持っていくと、花子は俺のモノに手を添えて、ゆっくりと舐め始めた。


「はぁ・・・花子・・・」

「ううん・・・ふぅん・・・はぁ・・・」


小さな口で一生懸命俺のモノを咥えている花子は、俺のことを時々上目遣いで見ながら色っぽい吐息をもらしていた。

俺はそれだけで、すぐにイキそうになり花子の頭をつかんでいた。


「ああ・・・花子・・・ヤバイ・・・」

「ん・・・太郎・・・」


花子は頭の動きを激しくする。
俺はガマンできなくなり、腰を動かすと花子の口の中に吐き出していた。


「わりぃ・・・吐き出せよ」


俺は花子の口元に手を持っていくと、花子はそのままゴクンと俺の吐き出したモノを飲み干した。


「バカ・・・飲んだのか?まずかっただろ?」

「ううん・・・おいしい」


トロンとした瞳でそういう花子の表情は、いつもと違う「女」の顔だった。



- 87 -
back next

しおりをはさむ





[編集]

top