読みきり短編官能小説


ガマンしねえで何度でもイケ(1/3)


「あっ・・・待って・・・」

「待てねえ」

「やっ・・・んっ・・・こんな、とこ、で・・・」


俺は自分の部屋に入ると、玄関のドアに花子のカラダを押し付けて、深く激しいキスをしていた。


「やじゃねえだろ?キスだけでこんなに、濡れてるぜ?」

「あっ!!!」


俺は花子の耳たぶを舐めながら、スカートの中に手を入れ、下着の上から秘部をなでると、すでに下着の上からでもわかるくらい花子のそこは濡れてるのがわかった。


「やぁっ・・・言わないで・・・」

「ココだってこんなになってるじゃねえか」


俺は花子の上半身をあらわにすると、すでに固くなって主張している胸の頂の蕾を口に含んだ。


「ああんっ」

「でけー声出すと、外に聞こえるぜ?」

「ん・・・はぁ・・・う、ん」


花子は自分の手で口を塞ぐと、イヤイヤと首を横に振りながらも抵抗を見せない。

俺はそのまま花子の胸の蕾を軽く噛んだり、舐めたり、指で弄んだりしていると花子のカラダがビクンとはねた。


「ああっ」


花子のカラダから力が抜け、足元から崩れ落ちそうになるのを抱きかかえると、俺はそのまま寝室へ向かった。

ベッドに花子を寝かせ、花子の着ているものを全て脱がすと、自分も下着姿になり花子に覆いかぶさった。

「今日の花子、やらしーな。胸だけでイったのかよ」

「ん・・・だって・・・」

「だって、何だよ」


すると、花子は目をギュッと閉じ、小さな声でつぶやいた。


「・・・気持ち、よかったの・・・」

「フッ・・・もっとよくしてやるよ・・・」


俺は花子の頬を撫でると、花子のカラダがビクッと反応した。
俺は花子の足を大きく広げると、すでに蜜があふれている花子の秘部に顔を埋めた。

「ああっ・・・やっ・・・それ、いやぁ・・・」


花子は俺の髪を掴むと、俺の頭を離そうとしている。しかし、俺は花子の秘部を舐めながら花子の中に指を入れ、花子のイイトコロを攻め続けた。



- 42 -
back next

しおりをはさむ





[編集]

top